2010年05月29日

脂肪萎縮症の治療法1技術を承認―高度医療評価会議(医療介護CBニュース)

 厚生労働省の「高度医療評価会議」(座長=猿田享男・慶大名誉教授)は5月28日の会合で、脂肪萎縮症の患者を対象にしたレプチン補充療法を承認した。同時に申請されていた転移・再発した腎細胞がんに対する免疫療法については、プロトコール(治療法を実施する上での手順)が不十分として差し戻しとなり、次回以降の継続審議となった。

 この日の会合では、新たに申請された2技術について審議した。
 「レプチン補充療法導入後の脂肪萎縮症患者を対象とした長期安全性臨床試験」は、京大医学部附属病院が申請。脂肪萎縮症は、脂肪組織が消失したり減少したりする疾患で、高血糖や高インスリン血症など、さまざまな代謝異常を発症する。同技術は脂肪細胞から分泌されるレプチンを1日1回皮下投与で補充する治療法で、長期的な安全性や安定した臨床効果を確認したもの。
 「転移・再発を有する腎細胞がんに対する自己活性化γδ型T細胞と含窒素ビスホスホン酸を用いたがん標的免疫療法」は、東京女子医科大病院が申請。サイトカイン療法不応の進行性腎がんが適応症で、末梢血から採取した自己リンパ球を体外で培養、活性化させた上で体内に戻す治療法。

 前者は、症例数が極めて少ない脂肪萎縮症に対して先進性や有効性が十分に認められるとして、全会一致で承認された。
 後者については、先進性に一定の評価が示されたものの、治療法の有効性についての評価方法や、モニタリング体制やその実施方法などのプロトコールに不十分な点があるとの意見が相次いだ。その結果、いったん差し戻しとなり、次回以降の継続審議となった。


【関連記事】
高度医療の新規2技術を承認―先進医療専門家会議
ペプチドワクチン使用の2技術を条件付き承認―高度医療評価会議
高度医療2技術を承認―先進医療専門家会議
新規申請の「血管新生療法」を承認―高度医療評価会議
来年度継続の先進医療、施設基準を見直しへ

「花園」名物・ラグビーキャベツ、今が旬(読売新聞)
勝間和代さんが接触事故 タクシーに衝突される(スポーツ報知)
小沢幹事長 「代表の発言は党の公約」 首相に苦言?(毎日新聞)
マルチ商法 「仮想空間」ビズインターナショナル社を捜索(毎日新聞)
岡本倶楽部 系列ホテル11カ所など捜索 出資法違反容疑(毎日新聞)
posted by ノモト タカシ at 10:45| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

トラック運転手逮捕 大阪・港区の死亡ひき逃げ(産経新聞)

 大阪市港区で自転車に乗った男性がトラックにひき逃げされ死亡した事件で、府警港署は26日未明、自動車運転過失致死と道交法違反(ひき逃げ)容疑で、愛媛県四国中央市川之江町、トラック運転手、広瀬光嗣郎容疑者(45)を逮捕した。

 逮捕容疑は、24日午後10時20分ごろ、大阪市港区市岡元町の中央大通で、大型トラックを西向きに運転中、自転車に乗っていた男性を引き、瀕死の重傷を負わせながら救護せず逃走したとしている。

 男性は自転車とともに約330メートルにわたり引きずられて死亡。現場付近の防犯ビデオの映像に火花を散らしながら走行する大型トラックが写っており、府警は車種の特定を進めていた。

 死亡した男性は白髪交じりの黒っぽい服装で、府警は引き続き身元の確認を進めている。

【関連記事】
男性死亡、330メートル引きずられた跡 大阪、ひき逃げで捜査
さいたまの死亡ひき逃げ 容疑の男逮捕 「車盗まれた」と偽装工作も
オートバイの女性ひき逃げされる 大阪
運転手が死亡ひき逃げ 1時間後に現場戻り逮捕
交通事故、高齢の加害者が急増 見落とし、気付かぬ例も
虐待が子供に与える「傷」とは?

<巨大ジオラマ>昭和30年代の高山を再現 「匠の館」で一般公開(毎日新聞)
「極めて深刻」県幹部会見 主力種牛感染疑い(産経新聞)
保健師資格の取得は大学? それとも大学院?(医療介護CBニュース)
遺体女性と接点確認されず=時計質入れの男―福岡県警(時事通信)
コシヒカリのゲノム解読=おいしさの遺伝子群特定へ―農業生物研(時事通信)
posted by ノモト タカシ at 13:13| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

韓国艦沈没、米含め緊密連携し対応…日韓外相(読売新聞)

 【慶州(韓国慶尚北道)=石川有希子、竹腰雅彦】岡田外相は16日、韓国の柳明桓外交通商相と慶州のホテルで会談し、3月に起きた韓国海軍哨戒艦「天安」の沈没に北朝鮮が関与した見方が強まっていることについて、米国を含めた3か国で緊密に連携して対応していくことを確認した。

 会談で、岡田外相は、哨戒艦沈没問題に関し、「毅然、冷静に対応している韓国を支持し、必要な協力を惜しまない」と表明し、柳外交通商相から、近く公表する韓国政府の調査状況について説明を受けた。両外相は、この問題で北朝鮮の関与が明確になれば、北朝鮮の核開発をめぐる6か国協議の再開に影響するとの認識で一致した。

 日本の竹島に関して韓国が領有権を主張している問題では、岡田外相は、「最近の動きは、注意深く抑制してもらいたい」と述べ、韓国政府系機関が周辺海域での地質調査実施を発表するなどしていることに懸念の意を伝えた。柳外交通商相は従来の韓国側の主張を述べ、平行線に終わった。

 両外相は今年が日韓併合から100年にあたることを踏まえ、未来志向の日韓関係構築に取り組むことを申し合わせた。

首相動静(5月16日)(時事通信)
山崎さん、16日に一時帰国=10日間滞在、千葉で報告会(時事通信)
入管収容施設で70人ハンスト…仮放免など要求(読売新聞)
新たな特産品へ オリーブ牛の初出荷 小豆島(産経新聞)
14日に和解協議入り=札幌地裁の勧告受け入れ−交渉は難航も・B型肝炎訴訟(時事通信)
posted by ノモト タカシ at 19:16| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。