2010年04月20日

5月薬価収載見送り、製造販売品目見直しへ―大洋薬品(医療介護CBニュース)

 大洋薬品工業は4月12日、「業務停止処分を踏まえた当面の改善策」を発表した。同社の主力工場の高山工場が、280万錠もの承認規格外の消化性潰瘍治療薬「ガスポートD錠20ミリグラム」を製造・出荷したことに対して、岐阜県から薬事法違反により9日間(3月26日―4月3日)の業務停止処分を科されたことを受けたもので、隠ぺいの防止と社内教育の徹底、製造販売品目の見直しを柱としている。

 同社は承認規格外製品を製造・出荷したことについて、「混合工程のミスが発覚し、社内処罰を恐れた秤量・混合工程の責任者が、自らの意思で意図的に、別ロットの試験用サンプルを品質部門に提出するよう次の工程の責任者に指示をしたという隠ぺい工作が発生したことに起因している」と総括。その上で、「再発防止委員会」「外部有識者委員会」や「内部通報の外部受付窓口」(ダイヤルサービス社へ委託)の設置など再発防止策を打ち出した。

 また、高山工場では1日現在、自社販売品558品目、新薬メーカーから受託した長期収載品(後発品のある先発品)など268品目を製造しており、「原因の一つには、最近の業績急成長による品目数の増加に対して、社内体制の整備と品質管理体制のバランスが取れていなかったことも考えられる」として、5月に予定していた7成分12品目の後発品薬価基準収載は見送り、厚生労働省と相談した上で製造販売品目を見直す。11月の収載については、現段階では未定としている。


【関連記事】
後発品使用促進に「著しく水を差す行為」―日薬が大洋薬品に要望書
大洋薬品に1年間の会員資格停止処分―日本ジェネリック製薬協会
大洋薬品高山工場に9日間の業務停止命令―岐阜県
新薬メーカー54社から受託製造―行政処分受ける大洋薬品高山工場
大洋薬品の高山工場を業務停止処分へ―岐阜県

井上ひさしさん死去 父の芝居、継続して上演…三女が会見(毎日新聞)
3月の自殺者2898人=前年同月比7カ月連続減−警察(時事通信)
「帝国の残滓」…参政権は旧植民地の権利(産経新聞)
免疫細胞の制御遺伝子特定=難病の治療法に道−東京医歯大など(時事通信)
金券ショップに強盗 少年を逮捕(産経新聞)
posted by ノモト タカシ at 01:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。