2010年05月29日

脂肪萎縮症の治療法1技術を承認―高度医療評価会議(医療介護CBニュース)

 厚生労働省の「高度医療評価会議」(座長=猿田享男・慶大名誉教授)は5月28日の会合で、脂肪萎縮症の患者を対象にしたレプチン補充療法を承認した。同時に申請されていた転移・再発した腎細胞がんに対する免疫療法については、プロトコール(治療法を実施する上での手順)が不十分として差し戻しとなり、次回以降の継続審議となった。

 この日の会合では、新たに申請された2技術について審議した。
 「レプチン補充療法導入後の脂肪萎縮症患者を対象とした長期安全性臨床試験」は、京大医学部附属病院が申請。脂肪萎縮症は、脂肪組織が消失したり減少したりする疾患で、高血糖や高インスリン血症など、さまざまな代謝異常を発症する。同技術は脂肪細胞から分泌されるレプチンを1日1回皮下投与で補充する治療法で、長期的な安全性や安定した臨床効果を確認したもの。
 「転移・再発を有する腎細胞がんに対する自己活性化γδ型T細胞と含窒素ビスホスホン酸を用いたがん標的免疫療法」は、東京女子医科大病院が申請。サイトカイン療法不応の進行性腎がんが適応症で、末梢血から採取した自己リンパ球を体外で培養、活性化させた上で体内に戻す治療法。

 前者は、症例数が極めて少ない脂肪萎縮症に対して先進性や有効性が十分に認められるとして、全会一致で承認された。
 後者については、先進性に一定の評価が示されたものの、治療法の有効性についての評価方法や、モニタリング体制やその実施方法などのプロトコールに不十分な点があるとの意見が相次いだ。その結果、いったん差し戻しとなり、次回以降の継続審議となった。


【関連記事】
高度医療の新規2技術を承認―先進医療専門家会議
ペプチドワクチン使用の2技術を条件付き承認―高度医療評価会議
高度医療2技術を承認―先進医療専門家会議
新規申請の「血管新生療法」を承認―高度医療評価会議
来年度継続の先進医療、施設基準を見直しへ

「花園」名物・ラグビーキャベツ、今が旬(読売新聞)
勝間和代さんが接触事故 タクシーに衝突される(スポーツ報知)
小沢幹事長 「代表の発言は党の公約」 首相に苦言?(毎日新聞)
マルチ商法 「仮想空間」ビズインターナショナル社を捜索(毎日新聞)
岡本倶楽部 系列ホテル11カ所など捜索 出資法違反容疑(毎日新聞)
posted by ノモト タカシ at 10:45| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

うしゃぁぁぁ!!!借金完済したぁぁぁ!!!
つか毎日チ〜ンポはめはめしてたら、いつの間にか無くなってたしな!!w

こんなラクな仕事あんならもっと早く教えてくれよって感じだぜwww
http://yxk8c5a.Az.KaSira-d.net/
Posted by ちょwwwマジでボロ儲けwww at 2010年06月05日 05:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。